酒とギターと岩な日々

飲食好きクライマーが膝を壊したとき、ギターをはじめました。生理的欲求と文化とスタティックな世界を綴ります。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< またまた荒天の週末 | main | ラーメン スガキヤ(高田馬場)-和風とんこつ風○○すーぷ?- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
モーターサイクル・ダイアリーズ-旅にいきたくなるぜ!-
チェ・ゲバラが友人と二人でノートンに乗って旅をする
モーターサイクル・ダイアリーズを見に行ってきました。

ネバーランドは、まだ当分やってそうだし、
モーターサイクル…は、東京では恵比寿ガーデンシネマの単館上映のようだし。 
初回の11:00の回で50〜60人くらいか、結構ゆったり見る事ができそう。 

*-*-*以下感想。

旅というのは、伊豆に行っても、アメリカに行ってもいいもんです。
日常とは違うなにかを感じる事ができるもの。 そんな、旅での経験の大切さを
再認識しました。 ゲバラの人生の、人々に与えた功績は偉大ですが、 
その悲しい結末の為、 私は少し、この映画を見る事にためらいを感じました。
が、ほとんど彼の政治的動きの側面はでてくることはなく、 
二人の若者の青春時代の1ページの記録となっています。 

旅の過程でみせる、人を惹きつけていく ゲバラの魅力は、
革命を成功させた一因だと思います。 主役の風貌がかなり、ゲバラを彷佛とさせ、
彼の人間的な一面をこの映画で感じる事ができた気がして、 
あの英雄にもこんな青春があったのかと親近感を覚えました。 

結構理屈抜きに楽しめるロードムービー。 音楽もいいっす。チピチピ。

JUGEMテーマ:映画
| イウォーク | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。