酒とギターと岩な日々

飲食好きクライマーが膝を壊したとき、ギターをはじめました。生理的欲求と文化とスタティックな世界を綴ります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 大型二輪免許とりました | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
SRV-スティーヴィー・レイ・ヴォーン
10/3は彼のお誕生日でした。生きていたら59歳。
彼を知ったのは、Let's Dance。
David Bowieもここからスタートした私。
20年以上経て、『歌うギタリスト』を探していた時に
知人にすすめられたのが、スティーブンレイ。
1枚目のTexas Flood から購入。歌モノしか聞けない人だったのに
ギターインストの『Testify』にやられてしまいました。
5月1日から聞き出して今日まで、彼の曲を聞かない日が無い位のいれこみっぷり。
ライブもすごくいいんです。そしてお人柄と創作に対する考え方も素晴らしいなって。
彼の曲を聞いていると、ココロが温かくなってくる。そんな感じです。
ふわっと緩むんです。
あんなにスリリングな曲展開なのに、面白いなって思います。
彼のお陰で
なかなかお友達になれなかったギターと、漸くお近づきになれてきた。かな?
SRV
このVersionが今のとこマイベストTestify.
(ロニーマックのwham!という曲とのメドレー 01:45あたりから始まります)
JUGEMテーマ:音楽
| イウォーク | 音楽系 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://rock-sake.jugem.jp/trackback/117