酒とギターと岩な日々

飲食好きクライマーが膝を壊したとき、ギターをはじめました。生理的欲求と文化とスタティックな世界を綴ります。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 中免とりました その2 | main | SRV-スティーヴィー・レイ・ヴォーン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
大型二輪免許とりました
大型の教習は、中免取得直後、北海道旅行に行く前に開始しました。

『北海道でバイクに乗る』事を目標にして中免に挑戦したので、
北海道旅行が終わってからゆっくり教習に取り組もう!と考えていました。
が、大型に慣れることで、北海道で運転予定の『ドラッグスター400cc』も
楽に扱えるのでは? というアドバイスもあり、開始した訳です。ハイ。

まず、とにかく大型にまたがらせてもらって…
自ら『いける』なという感触を得てから、教習所にお金を払おう=入学しよう
と思い、中免の時にお世話になったバイクスペースへ。

と、と、と、立ちゴケ記録を作った時の教官が
バイクメンテをしているでわないか!や、やばい。(と思うくらいのすみません感)

でも、他に教官がいないからシャーないべ、と腹をくくり、
『すみません…』と、声をかけてみる。すると『乗車ですか?』との応対。
※中免終了したと、まさか思ってなかったらしくw
『あ、あの、大型免許を検討していまして』
『お、中型卒業したの、おめでとうございます』
『ありがとございます、、え、はい』
『あっちで検定しちゃうから、誰がおわったかわかんないんだよね〜、またがってみる?』
『は、はい!いいすか?』

CB750とCTX?かな、あとハーレー。ハーレー883教習をやっているので
またがらせてもらいました。超ハーレーの座面低い!とは思いませんでした。。意外。
CB750が、予想以上に足がついたので、ヨシ。やるべ。となりました。
CB750

受付で入学手続きを済ませ、教習空きが当日ならあるようだったので、入学即日に乗車する事に。

緊張の教習開始。
中免とってる人の前でころんころん立ちゴケできないし!w
教官のバイクの後ろに乗せてもらい、750バイクの加速性をつかませてもらって感動。
教官の運転、上手い事この上無し。本当にすげー。

そして、
波状路(はしごの上を走る)の悪路走行の技能教習中に、
クラッチを開け過ぎて暴走。
教習所の敷地を越え、隣の敷地の畑につっこみバイクを壊したりもしました。
いったい何が起こったのか、わからない状態
(クライミングの時に大落ちして脳内麻薬物質がでたみたいなw)
になりましたが、最初に痛い目にあっておいて良かったと思います。
幸い大けがにいたらなかったのもなによりでした。
ボディのプロテクターを付けてなかったら、あばら折れてるね って教官に言われました。(こちらも中免立ちゴケ回数記録時の教官様でした…w すみませんまいどまいど)


大型は、
中型とのパワー差に圧倒されましたが、車両に安定感がありとても面白かったです。
一本橋もコツを覚えると中型より乗りやすかった。

教習はまさかのストレートで第一段階、第二段階通過。
教習時間が終わったたんびに、ガッツポーズしてた気がしますw


卒検、大型は中型のような不安と緊張はなかったです。
なにか達観してましたw あらゆる考えつく対策もしました(祈祷とかw)
試験コースを間違えてしまいましたが、なんと、合格。。
検定の試験官との相性もよかったのだと思います。


合否判定の面談の時、
左折技術の稚拙さをまず指摘されました。(大回りになってしまう)
こういうところもいいなーと思いました。今後にどうつなげるか?
これからですよ って言う事。


コヤマドライビングスクール@石神井校 の みなさま
本当にありがとうございました。お世話になりました。
試験で当たったコースB

JUGEMテーマ:二輪免許取得
| イウォーク | バイク系 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://rock-sake.jugem.jp/trackback/116